「小児科医」のことをpediatricianといいます。語根のpedoは「子ども」の意味だそうです。さらにその大元のpeu-はfewと関係があって、「少ない」とか「小さい」の意味だったそうです。子どものケアをするわけですから、-iatric-はtreatと繋がりがあるようで…

名詞のdamageは「損害」という意味ですが、「損害賠償額」という意味ではdamagesと複数形になります。賠償額を支払う側と受け取る側で交渉が行われるから、相互複数と考えればいいのではないかと思いますが、ビジネスに関して無知なので、まったくの当てずっ…

pasteurize は、牛乳・チーズなどを低温殺菌するというような時に使われますが、低温だからといって0度とか10度や20度ではありません。Cambridgeをみてみると、to heat something, especially milk, at a controlled temperature for a fixed period of time…

on time は「時間通りに」in timeは「間に合って」と習いましたが、この二つの句の使い方は若干異なることに最近気がつきました。それは、on timeで文は終わりますが、in timeで終る文はなさそうだということです。 He will be late for the party, because …

pass for...は「~として通る」という意味ですが、「実際はそうではない」という含みがあります。Macmillianにはpass for someone/ somethingの説明として to be accepted, wrongly, as being a particular type of person or thingとありました。間違って受…

parts-per-billion はppbと略されますが、「10億分の1の」ということです。10億分の1というと単数の感じがしますが、時間でも距離でも重さでも十億分のⅠは測れるわけですからpartsと複数になるのでしょう。何億分のⅠでも何兆分のⅠでも複数です。そもそも10億…

meet one’s endは「死ぬ」とか「最後を遂げる」とか「果てる」といった意味ですが、Collinsには、If someone meets their death or meets their end, they die, especially in a violent or suspicious way. とあって、No one knows exactly how or where he…

「大賛成です」というときI’m all for that.と言ったりしますが、「絶対反対です」というときにI’m all against that.と言ったりしないようです。なぜ反対のときにはallが付かないのかとALTに訊ねたところ、例によって「いい質問だね」という返事でした。 A…

parenting は「育児」と訳されていますが、Cambridgeにはthe raising of children and all the responsibilities and activities involved in itとあって、子育てに関する親の責任までを含むことが記されています。つまり、自分の子どもが大人になっても相談…

only a few は「わずかな」という意味ですが、否定的だからといってonly fewとはなりません。onlyは a fewを強調しているわけでonly fewにすると二重否定になって強い肯定のような感じになりそうです。only a fewは強いて訳せば「ほんのわずか」ということで…

紙の意味のpaperはいくら切っても紙ですから不可算名詞ですが、書類や文書、新聞、レポート、論文等々、切り刻まれると困るものは、可算になります。そこで問題になるのが、単数にするか複数にするかという点です。Look through the papers, will you? (その…

He owes five hundred dollars to me.= He owes me five hundred dollars.(彼は私に500ドルの借りがある)のように「お金を借りている。支払いの義務がある」という場合にはowe A(お金) to B(人) = owe B Aとなります。しかし、A(現在の結果)を B(過去の…

again and againとover and over (again) の使い方が問題になることがありますが、 いまひとつわかりません。I've warned you over and over again not to do it. (私はそれをしないように再三再四あなたに忠告してきた)(東北大)この文のようにover and ov…

outlandish は「風変わりな」とか「奇妙きてれつな」といった意味があります。作りはout+landから出来た語ですから、国(land)の外、ということから「異国の」という意味合いがあるのでしょうか。それで自国(land)とは違う、「変わった」「異様な」と発展した…

overlook 「見落とす」「大目にみる」look over はざっと目を通す、という意味ですが、それがひっくりかえってoverlookになると「見落とす」「見過ごす」などの意味になります。いささか強引な解釈ですが、向こうの方ばかり見ているから、見落としてしまうと…

live it upは「大いに楽しむ」「思いっきり遊ぶ」といった意味のカジュアルな言い方だそうです。上野からの帰りの電車で偶然知り合ったニュージーランド出身の初老の男性に訊ねたところ、it=everything, upは気持ちが沈むdownの反対で、気持ちが高揚する意味…

get [be] out of handという成句は「手に負えなくなる」という意味で用いられます。この場合のhandは「手綱をつかんでいる手」のことで、暴れ出した馬に手綱をとられてしまうとコントロールできなくなるといった意味から生まれた表現だそうです。If you are …

one-size-fits-allという成句は、どんなサイズのひとにも合うといった意味から生まれた言い方だそうで、もともとは服のサイズのことだったようです。日本語で言えば、「フリーサイズの」といった感じでしょう。「フリーサイズ」はどんな体型の人にも合う、と…

otherwise (さもなければ) は接続の働きをする副詞(接続副詞)ですから、基本的には文と文をつなぐことはできません。otherwiseは語源的にはother way(別のやり方)ということだそうです。しがたって選択の意味を持つ接続副詞として使われます。接続副詞なの…

on ... terms with ~ は「~ と ... の間柄で」といった意味で使われる表現です。termの原義はterminalに見られるように「終わり」ということですが、「終わり」は言い換えれば「境界」とか「限界」とか「限定」といった意味でもあります。そこで、「期間」と…

one by one は「一つずつ」「一人ずつ」といった意味で使われますが、one person or thing followed by another oneが短くなったものと考えてよさそうです。文字通り一つ一つということ。byはlittle by little, step by stepなどの畳語などに登場するbyでし…

only to 不定詞の構文は、期待はずれの結果に終わる場合に使われることが普通です。onlyは否定的意味合いがあるのでto不定詞の前に出ます。They tried many times only to fail miserably.(彼らは何度も試みたが結局大失敗に終わった) I ran to the station,…

on the horizon 「きざしが見えて、将来起こりそうで」Cambridgeにはlikely to happen or exist soonとありました。水平線(地平線)上に陽が昇る、ということから、明るい兆しといった意味合いを持つと説明してくれたALTがいましたが、There is no sign of …

once (and) for all 「きっぱりと、これを最後に」現代英語では once and for all と もっぱらand を挿入するのが普通のようですが、もともとはonce for allだそうです。何らかの影響をつけて、 and が挿入されるようになったのでしょう。一語でいえばdefini…

日本語でパーソナリティといったら「人格」というような意味で使われたりするのでpersonalityという語は気をつけなければならない語のひとつでしょう。考え方や感じ方、あるいは振舞いなどについて言及するのがpersonalityですが、ニュートラルな語ですから…

The company is on the verge of bankruptcy.というと「その会社は倒産寸前だ」といった意味になります。vergeは「端」「間際」の意味から、on the verge ofはすぐに何かを行うあるいは何かが今にも起こりそうな場合に出てきます。ここでは倒産が今にもおこ…

on the market と in the marketはとても分かりづらいです。ともに「売りに出されている」といった意味で使われるということもありますが、onとinのニュアンスの違いが身についていないせいだろうと思ったりもしています。The building came on the market. …

on- the- job training は「オンザジョブ・トレーニング、実地訓練、研修」などと訳されていますが、個人的には「研修」という訳語が最も馴染みやすい。前置詞のonはなんとなく「がんばる」とか「しがみつく」という意味のhold onのonの感じがします。どうで…

on the spotは 「すぐその場で」といったニュアンスで使われます。spotは「汚点」とか「しみ」が原義ですが、そこから特定の場所(特にある事件や出来事などがあれだと分かる地点)を示すようになったようです。日本語でいう「現場」に近い気がします。spotl…

on the wholeは一語でいえば、generallyということですが、on the whole of your /my experienceという風に捉えればいいのではないかと思います。「あなたのあるいは自分の経験に照らしてみて」90%ぐらいはということから「全体的に見ると」とか「概して」…