読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

be dependent on はdepend on [upon] よりも切迫している場合に用いられるようです。たとえば、Our trip is dependent on the weather.というと、単に旅行は天候次第、といいうのではなくて、旅行に行けなくなると困るという気持ちが強いのだそうです。差し迫った感じはお金に関する場面でも出てきます。He is still dependent on his parents. は「彼は親の仕送りなしではいまだにやっていけない」といった感じです。We are dependent on technology. (テクノロジーなしではやっていけない) なども似たようなニュアンスでしょう。 ところで、depend uponというと有名なWilliam Carlos WilliamsThe Red Wheelbarrowという詩を思い出します。この詩は、いきなり述部から始まる、つまり主語がありません。そこに俳句の影響があるとも言われています。

so much depends

upon

 

a red wheel

barrow

 

glazed with rain

water

 

besides the white

chicken.

という詩です。dependsと三単現のsがついていますから、主語をあえて補えば、everythingでしょうか。まるでカメラのピントをa red wheelbarrow (赤い手押し車) に合わせるように、すべてのものがred wheelbarrowへと収斂していく感じがします。