たとえば、「先生にまちがいを指摘してもらった」という場合、「してもらい」のhaveを使って、I had my mistakes pointed out by my teacher.と言ったりします。ここで登場するpoint outは多くの中から特別な一つを取り出す(out)ことから「指摘する」の意味になると考えればいいでしょう。 Miller and other analysts point out Egypt is a crucial U.S. ally (ミラー氏をはじめ専門家たちの指摘によれば、エジプトは米国の極めて重要な同盟国であるということだ) このpoint outと紛らわしいのがpoint toですが、point toは選択枝が一つしかない場合、あるいはtoの後のことに重点を置きたい場合ーーpay attention toのtoの感じーーに用いられるようなきがします。 We set out as soon as the old man pointed to the way to us. (私たちはその老人が道を教えてくれるとすぐに出発した)この文の場合、私たちが選べる道は老人が教えてくれた道だけなのです。このような場合がpoint toになるようです。He points to what’s called group ignorance. (彼はいわゆる集団的無知を指摘します)  group ignorance (集団無知) とは、たとえば、人が殴られていても誰も止めようとしない心理。いわゆる「見て見ぬふりをする」という日本語に相当する心理です。誰かがやってくれると傍観する心理でもあるでしょう。いわゆる本来の意味での「情けはひとのためならず」と思わない心理です。今ではその教えは「ひとに情けをかけるのは、そのひとのためにならない」なんてなんとも情けない意味に変貌してしまいましたが……。Japanese leaders would point to gaiatsu and say, “Look, what we have to do it because Americans are pushing us. “ (日本の指導者は外圧を指摘して「ほら、私たちはこれをやらなくてはならない。アメリカ人がごり押ししているから」と言ったものだ)  gaiatuなんてことばは最近耳にしなくなりました。それほど日常化してしまったということでしょうか。ちなみに「人を指さす」のはpoint atです。atの意味は狙いをつけることですから、人をpoint atするのは非常に失礼になります。Don’t point at people. 

so to speak 「いわば」と普通訳されます。個人的、主観的なことを述べる場合に用いられます。 物事を正確に述べるというよりも、語っていることについて相手の注意をひくように、印象的で面白く語る場合に用いられている気がします。He is, so to speak, our King. (彼はいわば王のような存在だ)(ベーシックジーニアス)独立不定詞だからといって、toが前に出て、to speak soとはなりません。副詞が不定詞の前にでます。このように副詞が前に出る成句は、独立分詞構文にも見かけられます。たとえば、generally speakingなどがそうです。言いたいことを先に言うのが英語の習性なので、副詞が前に出るということは、準動詞よりも、副詞の部分を早く言いたくてこのような成句になったのでしょう。

So-so  「いまいち」という訳語がいいのではないかと思います。「まずまずだった」とか「まあまあよかった」といったポジティブなニュアンスはないからです。Cambridgeにはbetween average quality and low qualityとありますから、どちらかといえば、そんなによくなかった、というネガテイブな意味合いで使えばいいと思います。「まあまあ」という言い方は言挙げを嫌う日本人が好む言い方ですから、私たちはついso-soと口に出してしまいますが、ニュアンスはネガティブだということを頭の隅においておくべきでしょう。 "How was your date with Mariko last night?" "So-so. It seems she talked about her ex-boyfriend." (「昨晩のマリコとのデートはどうだった?」「まあまあかな。彼女は昔のボーイフレンドの話をしていたようだったけど」) デートは「いまいち」だったわけです。ところで、「言挙げ」はいわば自己主張することですが、自己主張は神のみに認められたものだから人間は慎まなければならない、という言霊信仰と深く繋がっている概念です。言葉には呪力があると私たち日本人は信じている――信じていた――のです。ところが、デモクラシーの時代、自己主張は言論の自由の基礎ですから、おおいに「言挙げ」してよろしい時代になったのですが、自分(たち)だけの利益のための「言挙げ」つまり自己主張はデモクラシーとはほど遠いものです。democracyのdemoはselfではなく、自分も含めたpeopleですから。秋津島大和の国は神からと言挙げせぬ国 然れども我は言挙げす」という万葉の歌がありますが、この国は言挙げせぬ国だけれど、この恋する思いはあまりに苦しので言挙げしよう、つまりこの胸の思いを伝えよう、といった感じでしょうか。万葉びとはたぶん神々とともに暮らしていたのでしょう。

so much so (that)「非常にそうなので」何がそうなのかは直前に述べてあります。Your brain actually believes you are eating more than you are, so much so he can reduce food intake by 10 percent. (脳は食べているよりもずっと多くの量を食べていると実際に勘違いしてしまう。あまりにも実際より多く食べたという感覚をもたらすので、彼は食べる量を10%減らすことができる) この場合は脳が勘違いしているということを受けてso much so で続けています。Flea markets are becoming popular, so much so that they are called “furima.” (フリーマーケットが盛んになってきている。あまりにそうなので日本ではフリマの愛称で呼ばれている) so much so that はありますが、so many so thatという言い方はないようです。数ではなくあくまで「程度」を問題にするかたちです。

sit idle :ひとが主語の場合は、「何もせずにぽかんとしている」といった感じ。ぽかんとしている物が主語になると「〈機械や土地などが〉遊んでいる・使用されていない」といったニュアンスになります。idleは車のアイドリングとして日本語でも使われますが、簡単にいえば、動いていないということです。He is sitting idle.(彼は何もせずにぽかんとしている)They are training farmers to cultivate farmland that was sitting idle. (彼らは農民を教育して、使用されていない農地を耕作させている) Most telephone boxes are not protected by law and sit idle. (ほとんどの電話ボックスが条例で保護されていないので、使われずに放置されている)

see to~  「~に気をつける」「世話をする」大学入試によく出題される成句のひとつです。前置詞toはpay attention toのtoと考えればいいでしょう。ひとや物に注意を向けさせるというときのtoです。従って、see to ~は、ただ単に「見る」のではなく、注意を喚起させる意味合いをもつようです。The nurses must see to the comfort of their patients. (看護婦は患者の安楽に気をつけなければならない)(中央)see to it thatになると、「になるように気をつける」の意味になります。I'll see to it that you have a rise after the first year.(一年たったらあなたが昇給するように取り計らいましょう)(学習院)it=that節以下。同格節とわたくしは捉えていますが、どうでしょうか。

so far  はuntil now 「今までのところ」 といった意味。so は本来「程度」を表す副詞ですが、farという本来距離を表す副詞と結びつくと「程度」の要素が消えて、あるいは薄まって「今まで」とか「ここまで」といった「とき」や「範囲」を表します。おそらく何らかの摩耗が起ってこんなに短くなったのだろうと思われます。「これまでは」「今のところ」という意味で用いられるので、通例継続を示す現在完了とともに、文頭あるいは文尾に置かれるのが普通です。We have been lucky so far, but unfortunately, luck cannot last forever. (今まで我々は幸運だったが、あいにく幸運は永遠には続かない)(慶応)